ぼくようび~正名僕蔵さんファンブログ~

愛しく見えたら、もうおしまい。

W県警の悲劇 第5話('19,BSテレ東)―監察官室長・三國…★★★★☆

初めていらっしゃった方で今後も遊びに来てやろうかと思って下さる大変奇特な方は是非「ぼくようびのトリセツ」(https://udukinokimi.hatenablog.com/entry/36144883)も合わせてお読みください。
随時コメント大歓迎!忌憚のない感想をお寄せいただければ幸いです♪
twitter(@bkz_bot)もヨロシクです♪
僕蔵さんのファンになったばかりで、どの作品からみたらいいかわからない、という方は当ブログの「正名僕蔵さんの出演作品一覧(https://udukinokimi.hatenablog.com/entry/36721070)」を参考になさっていただけると幸いです。
大規模災害や重大事件が発生した際にも、基本的に更新を中止することはございません。“非常時こそいつも通りに”“むしろ、より明るく、楽しく、面白く”がモットーです。

 

※ネタバレ注意※

 

窃盗担当の金井刑事が万引きで逮捕した少年は有力政治家の息子であった。

このことを問題視した円卓会議。

松永に逮捕を取り消すように指示。

 

後日、金井を聴取。

学生時代、営んでいた古書店での相次ぐ万引き被害をを苦にし父親が自殺したという過去を持つ彼女。揉み消すことなどできない、ときっぱりと断られる。

 

金井によると書店での万引きを目撃した後、行方を追っていたらスーパーでの万引きを目撃し逮捕に至ったのだという。

 

短時間に連続で万引きしたという点に疑問を感じた松永。

 

書店の防犯カメラをチェックすると、万引き行為はおろか、少年と金井の姿さえ全く映っていなかった。

 

ところが書店から被害届は出されており、万引きされたことはどうやら事実らしい。

 

時間を遡ってさらに防犯カメラ映像を確認したところ、そこには金井刑事の姿が。

 

少年によって万引きが行われたとされる同時刻に強盗傷害事件が発生していた事実と合わせ、松永はある一つの結論を導き出す。

 

それは、書店における万引きは金井刑事によるもので、傷害事件を起こした少年にその件を見逃す代わりより罪が軽い万引きの身代わりを持ちかけた、というもの。

 

防犯カメラに映っていた金井刑事の恍惚の表情からクレプトマニアではないのか、と問い詰める松永。

 金井に警察を辞め、治療することを勧めた。

 

だが、彼女はクレプトマニアではなかった。

 

彼女が本ばかり万引きしていた理由。それは…。

 

父の古書店を再現すること

 

彼女の闇は松永の想像よりも遙かに深く暗いものだった。

 

~今日の三國さん~

 

f:id:udukinokimi:20190906214214j:plain

 

♪ち~まきたべたべ~

聞いてんじゃねぇよっ!

 

結局、議員の息子の傷害事件についても被害者との示談が成立して、もう何の関心もないんでしょうけど(-▽-;)

 

にしても、いっつも中華ばっか飽きないのかねぇこのおやじたちはっ!

 

まぁ、実際には、お腹張り裂けそうになってるんでしょうけど(T0T)

 

中年虐待だよぉ(><)

年長者はいたわらないと❤

 

毎回飯食ってるシーンだけなのに、微妙にメニュー違うし仕草とか色んな見どころが楽しめて意外です♪

 

今回は、“ザ・おやじの行儀悪い食べ方”とでも言える、口を横に広げる食べ方が炸裂してましたね、どのお方も(呆)

 

エリート、意外と行儀悪いんだな…。

 

円卓会議に関してはもっとマンネリ化するのかと思ってたけど。

 

あぁ、見飽きないのは私の問題か(-▽-;)

 

最近、同じようなことばっかり言ってる気がする。

 

でも、このおっさん連中、松永さんが“自分たちとは違う”ということに薄々勘付いてる気がするなぁ。

 

伊達に円卓会議のメンバーやってないでしょうからね。

 

松永さん去った後、危険分子として話合ってるんじゃないでしょうかねぇ。

 

松永さんが将来の改革のために今は汚れた仕事をする時

 

と覚悟決めてるように

 

おっさん連中も

 

利用できる時は利用して、危なっかしくなって来た頃に体よく切り捨てる

 

腹づもりでいるのかも。

 

あぁ~、狐と狸の化かし合いだぁ~(><)

 

って、勝手に言ってたら世話ないですよね(笑)