ぼくようび~正名僕蔵さんファンブログ~

永遠の憧れ・正名僕蔵さまに不必要な愛を捧ぐ

Χρονιά πολλά!

本日は~

わたくしが愛してやまない~

正名僕蔵さまの~

51回目の~

お誕生日でございます~♪♪♪

パフパフパフ~~~🎉🎉🎉

おめでとうございます~(っ'-')╮=͟͟͞͞🎂

←いや、投げちゃダメだろ!

あぁ、僕蔵さんとパイ投げ合いっこして遊びたい(*´∀`*)

二人とも顔がまっちろけになっちゃってさぁ、それでさぁ…(*≧m≦*)

失礼しましたm(_ _)m💦

 

因みにタイトルはオリンピック発祥の地・ギリシア語で「お誕生日おめでとう」です。

ホロニャポラと読むそうです。

ホロニャポラ~(ˊᗜˋ)

(何故、生誕記念号のタイトルを毎年外国語縛りにしてしまったのか、謎…💧)

 

思い起こせば以前、

恋を手放してみます

とか何とか言ってましたよねー。

さっぶい詩みたいなの書いちゃったりしてさぁ💧

(お願いだから検索しないでくれ💦)

それがどうだい?

完全に取り戻してますよね( ̄▽ ̄;)

それも結構早い段階で(笑)

なし崩し的に?

 

やっぱり“迷い”みたいなものがあって。

母として妻として、こんな事でいいのかなっていうか…。

いや、割と子育てとか落ち着いて結婚生活の長いベテランの方々が純烈の追っかけするのとかは全然いいと思うんですよ。

でも、自分の場合は子育て真っ最中で、ファンになりたての頃は新婚に毛が生えた程度の時期でしたし、夫氏のことも相変わらず大好きであるにも関わらず、一体どうしてしまったんだろう自分は、と。

 

そして悩めば悩む程、軽く好き♪とかではなくて結構本気で恋してしまっているという事を自分自身で裏打ちしてしまう事になっちゃって、さらに思い悩むという悪循環💧

 

それで、一旦恋を手放してみました。

 

そしたら、すっごく気持ちが楽になって。

 

そして、人の口に戸は立てられないと言うけれど

「人の心に戸は立てられない」

ということに気づきまして。

 

心を止めるという事は不可能なのだと。

 

例えば殺したい奴がいたとして、人殺しはいけない事だからしないけど、それで殺意が消える訳じゃないじゃないですか。

それと同じで。

 

←いや、例えが物騒💦

 

だから恋をして、でも物理的距離とか立場とかで絶対にその先には進めないけれど、だからといって恋する気持ちが無くなる、なんて事はないんだなぁと。

 

そして何人も精神世界を非難する事は出来ないんだ、ということにも気づきました。

 

殺意を持っただけで罰することが出来ないのと同じで。

 

←だから、その例え止めれ( ̄▽ ̄;)

 

まぁ、要するに一旦恋をお休みしてみたけど恋心が消えることはなかったので開き直って早期再開したよ♪

 

と言うだけのことです( ̄▽ ̄;)

 

僕蔵さんのおかげで人としてかなりいい勉強させてもらってます!

 

ほんとに僕蔵さんに関しては初めてのことばかりで。

大人になってからの恋ということもあるのだろうけれど。

 

というか、テレビに出てる人に恋するっていうのも(´▽`;) '`'`

好きな芸能人って言うのは確かに今までいくらかいましたけども。

恋っていうのでもなくて。

 

お相手の幸せを心から願ったりしたことも無いし。

その人のことを考えただけで悲しくもないのに心が震えて涙が出てくるとかも無かったですし。

おすし。

←( ’ω’)ファッ!!?

 

…失礼しましたm(_ _)m

 

顔に見蕩れて固まる、なんて経験もありませんしね💧

 

そしてまた、なんったって、僕蔵さんの演技が…好き過ぎるんだよ。

なんであんなにも素敵なお芝居が出来るんだろうか。

 

実家を出てから、何を思い立ったのか

「私好みの芝居をする俳優さんを見つけたい!」

とドラマを見漁っていて。

 

今思うと、たぶん僕蔵さんに出逢うためにそんな衝動に駆られたんではなかろうかと…こじつけですけどね💦

 

ずっとお芝居を見続けていたい、追い求めて行きたいと思える俳優さん、傍にいられなくともお幸せならばそれでいいと心の底から思える人に出逢えて、本当に嬉しく思います。

あぁ、顔がめっちゃ好きというのも付け加えておこう!

 

神様が私のために寄越してくださった使いなんじゃないのか、と割と真剣に考えてみたりして(笑)

なんでもっと近くに寄越さなかったんだよっ!

←傍におらんでいいんと違うんかーいっ!

 

逆にこの距離感が心地よいのですけれど(≧ω≦。)

そこを含めての神の思し召しなのかも♪

←だいぶ何言ってるか分からない( ̄▽ ̄;)

 

何はともあれ、

フランス貴族から5歳の女の子までありとあらゆる役柄に対応可能で、ハンチングとキャップの狭間で悶々としちゃう私服黒T率高めの、でも実は丸メガネに蝶ネクタイが悶絶級に似合っちゃう、かと言って白衣姿も捨て難い、というか地味にスタイルいいからどんな格好も着こなせちゃう、いやむしろ一糸まとわぬ泡風呂姿も直視出来ないほどに魅力的な唯一無二の俳優、正名僕蔵さまのお誕生日のお祝いの言葉に代えさせていただきますm(_ _)m

 

今回、ほとんど見た目にしか言及してねーな( ̄▽ ̄;)

 

大好きという言葉では言い表せない程大好き😍