ぼくようび~正名僕蔵さんファンブログ~

私が本気で恋した人は、テレビの中の人でした。

タクシードライバーの推理日誌32(13,テレ朝)―馬場幸夫…オススメ度★★☆☆☆

初めていらっしゃった方で今後も遊びに来てやろうかと思って下さる大変奇特な方は是非「ぼくようびのトリセツ」(https://blogs.yahoo.co.jp/uzukinokimi/36144883.html)も合わせてお読みください。
随時コメント大歓迎!忌憚のない感想をお寄せいただければ幸いです♪
twitter(@bkz_bot)もヨロシクです♪
僕蔵さんのファンになったばかりで、どの作品からみたらいいかわからない、という方は当ブログの「正名僕蔵さんの出演作品一覧(https://blogs.yahoo.co.jp/uzukinokimi/36414279.html)」を参考になさっていただけると幸いです。

どうも!すっかり体調良くなったぎーやなです♪
持ち前の“単純さ”が功を奏しましたわ(笑)

先程の我が家の会話。

娘(3)「ねぇねぇ、“マンパン”って、知ってる?」
Darling「ん?いっぱいって言う意味?」
娘(3)「せいかーい!」

あぁ、岡野くん(ショムニ)が勤めてる会社(満帆)のことじゃなかったのね…。

一から出直して来ますm(_ _)m


ということで、今回は今日の午後関西地区で再放送されたこちらの作品です。

今まで何度か見てるのに取りあげなかったの何でだろうって思ってたんですけど、わかりました。
出演時間が短いの。

元々馬場ちゃん出番少ない方だけど、これ10分くらいだしそんなに印象的なシーンがなかったからスル―していたんだわ!

星が低いのもそのせいです。


※ネタバレ注意(というほどでも、ないw)※

健康食品会社のクレーム担当社員が自宅で撲殺体で発見される。
警察はクレーム処理の過程で生じた怨恨の線を洗うため被害者が担当したクレーマーのリストを入手。
その中に、旅行会社に勤める速水(葉月里緒奈)の名前を発見。実は被害者の自宅に同じ会社が手がけるタクシーツアーのパンフレットが置かれていた。

速水から話を聞くべく旅行会社を訪れた警視庁コンビ+馬場刑事。
するとそこには夜明さんの娘のあゆみの姿が!

毎度ながら設定が強引www

あゆみが旅行会社で働くことになった経緯を聞いている時の馬場ちゃんの様子がコチラです。

イメージ 1

もぉ~、だからなんで話聞く時突如としてイケメンモードになるのさぁ~(//ω//)
そんな真面目に聞くべき内容でもないのにさぁ。

僕蔵さんにインタビューでもされた日にゃ、ぎーやなさん死んじゃうんだろうなぁ。

←もう、なんか妄想の方向性が自由だなぁ。“ありえない”とかいう範疇飛び越えちゃってんじゃん…。

あぁ、横顔好きだなぁ。

←だけじゃないよね?(笑)

あと、これは独り言だから聞き流してね。
頼むから馬場ちゃんも「あゆみちゃん!」と呼んで!(笑)

欲を言えば、「あゆたん」とかぁ…(´ω`)

m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m


そして、お待ちかねの朝食会議@夜明さん宅

イメージ 2

今回のエプロンはわんわんワッペンつきでふ^m^

娘「わんわんのエプロン、かわいいね~」
私「そうだね~。かわいいね~、わんわんのエプロン(を着ためがねおじさん)」

今回は朝食会議のシーン自体が短いし、ほとんどじっとしてないから物足りなかったです(><)

この写真撮るのにどんだけ手間かかったか。
まず、どのショットを取るかなかなか決めれなかったですね。
エプロンがはっきり見えて、なおかつ表情が“ぎーやな好み”なヤツを探すのに時間かかりました。

あ、出番少なかったけど、台所でくるっと回転するときの動きが“らしさ”満点で必見です!
RECされている方は是非ご確認を!

メインストーリーに戻ると…。
第一の被害者が勤めていた健康食品会社の社長も殺害。

順番前後するけれど事件の真相は、夫を自殺に追い込んだ(正しくは自殺にみせかけて殺した)二人を復讐のため速水が殺したんですけど、まぁ、このシリーズは夜明さんのお客さんが犯人でまず間違いなく決まりですよね(笑)


ちょっと戻って。捜査を進めて行く中で第一の被害者のマンションを犯行前日速水の娘が訪れていたことが判明。
とは言え女子高生だから…と言う3人に「任意で引っ張って来るように」と神谷警部が指示。

イメージ 3

驚きの表情を見せる馬場ちゃん。

いや~、良い表情だわぁ。
芝居フェチとしても僕蔵ファンとしても。

何で「驚く表情」という同一カテゴリーの中でこんなに色々種類があるんだよ!
驚く演技でなかなかこんな表情出ないぜ、普通。
でもって、“This is it!” なんだもんなぁ。

ぎーやなさん、なんかとんでもない人のファンになってしまった気がする。
今さらながら、ですが。

もう、ずっと前から薄々気づいていたことではあるんだけれどもねー。

はぁ…。この迷宮からはなかなか抜け出せそうにないなー。
ということで、居座り続けることとしよう♪